自然素材でつくるコンパクトハウス 900万円台からの家づくり
静岡県浜松北エリア ウッドボックス浜松北店

053-583-0061
営業時間/8:30〜17:30

menu

住宅コラム

フラット35、わずかながら金利引き上げ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

今年の父の日は、6月17日となります。

6月の第3日曜日として

もうすっかりお馴染みですが、

そもそもどんな由来があるのでしょうか

本来のプレゼントやシンボルカラーなどを

今回はお伝えいたします。

 

◆父の日の由来

父の日は、アメリカのワシントン州に住む

ソノラ・スマート・ドッドさんによって

提唱されたのが始まりだと言われています。

ドットさんの父、

ウイリアム・ジャクソン・スマート氏は、

北軍の軍人として南北戦争に

召集されます。

父不在の家庭を支えて

6人の子供を育ててくれた母は、

父の復員後、

過労によってこの世を去ってしまいました。

父は残された子どもたちのために懸命に働き、

戦後の大変な時代にもかかわらず、

男手ひとつで6人の子を立派に育てあげてくれました。

そんな父の姿を見て育った末っ子ドットさんが、

父を称えて「父の日」を提唱し、

父の誕生月にあたる6月に「父の日」ができました。

 

◆父の日と母の日の関係

今でこそ当然のように

「父の日」と「母の日」がありますが、

当時はそうではありません。

「父の日」成立の背景には、

「母の日」の影響があったようです。

歴史とともに振り返ってみましょう。

■1908年

アンナ・ジャービスが「母の日」を提唱する。

■1909年

「母の日」を知ったドッドさんが、

「父の日」も作って欲しいと牧師協会へ嘆願する。

■1910年

ウェストバージニア州が「母の日」を認定する。

■1914年

5月の第2日曜日を「母の日」として制定し、

国民の祝日となる。

■1916年

「父の日」が認知されはじめる。

■1923年

第30代大統領のジョン・カルビン・クーリッジが、

「父の日」の意義を提唱する。

■1926年

「ナショナル ファーザーズ・デイ コミッティ」が

ニューヨークで組織される。

■1972年

6月の第3日曜日を「父の日」として制定し、

国民の休日となる。

こうしてアメリカで始まった「父の日」が、

“父親を尊敬し、称え祝う日”として

世界的に広がっていきました。

 

◆父の日のプレゼント

今ではさまざまな贈り物をしますが、

本来は何を贈ったのでしょう?

「母の日」がカーネーションだったように、

「父の日」にはバラを贈りました。

これは、ドット夫人が父親の好きだったバラを選び、

白いバラを父のお墓に供えたことに由来します。

また、父親が健在なら赤いバラ、

他界された後は白いバラを贈るという説もあり、

このへんも「母の日」のカーネーションに似ています。

 

◆日本の「父の日」

日本では、「母の日」が公式に

5月の第2日曜日になったのが1947年ですから、

「父の日」が広がったのはそれ以降です。

70年代で、それほど認知されてはいませんでした。

やがて、1981年に

社団法人日本メンズファッション協会を母体とした

『FDC 日本ファーザーズ・デイ委員会』が設立され、

父の日が国民的イベントになっていきました。

同委員会では黄色を提唱し、

「父の日黄色いリボンキャンペーン」や

「ベスト・ファーザー発表・授賞式」などの

活動を行っています。

 

◆黄色や黄色いリボンの由来

『イギリスでは古来、「黄色」は

身を守るための色とされていました。

「黄色」がアメリカに渡って

「黄色いリボン」となり、

「愛する人の無事を願うもの」となりました。

こうした活動が実を結び、

日本では黄色を父の日カラーに

するところが多いのです。

花に関していえば、

黄色いバラやヒマワリのほか、

白いバラ、白いユリなども支持されているようです。

今年も素敵な父の日をお迎えください。

さて月初めは

住宅ローンの金利が気になりますよね。

それでは、

早速今月発表された

各金融機関の

今月の住宅ローン金利を見てみましょう。

 

メガバンク5銀行より発表された

2018年6月適用分の住宅ローンです。

以下にご紹介するものは、

当初10年間の金利が固定される

各行の主流タイプの商品です。

〇三菱東京UFJ銀行…1.10%→1.15%(+0.05%)

〇三井住友銀行…1.10%→1.15%(+0.05%)

〇みずほ銀行…0.80%→0.80(±0.00%)

〇りそな銀行…1.10%→0.645%(-0.455%)

〇三井住友信託銀行…0.75%→0.75%(±0.00%)

 

今月は、固定10年だけでみると

わかりづらいのですが、

三菱東京UFJ銀行は、

変動金利、短期固定金利を据え置く一方で、

中期固定、長期固定金利を引き上げています。

次に三菱UFJ銀行 に次ぐ人気の

三井住友銀行ですが、

こちらもほぼ変わらず、

変動金利と短期固定金利を据え置く一方で、

中期固定、長期固定金利を引き上げています。

みずほ銀行は、変動金利、短期固定金利を

据え置く一方で、

中期固定金利、長期固定金利を引き上げており、

三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行の

3大メガバンクは足並みをそろえました。

気になるのは、金利の上昇分です。

0.05%も引き上げられており、

ここ数年、最大の上がり幅となっております。

注目は、りそな銀行です。

大幅に金利を引き下げ、

三井住友信託銀行を抜き、

メガバンクでは、最安値の金利となりました。

では、先月、金利を据え置いた、

固定型住宅ローンの代名詞でもある

全期間固定型金利の【フラット35】は

どうなったでしょうか?

さっそく『今週のTOPIC』をご覧ください!!

―――――――――――――――――――――――――――――

■ 今週のTOPIC 「フラット35、わずかながら金利引き上げ!」

―――――――――――――――――――――――――――――

住宅金融支援機構(東京都文京区)が

民間金融機関と提供するフラット35の

2018年6月の適用金利が発表されました。

◆融資率9割以下で返済期間が21年以上35年以下の

主力タイプの金利幅は…

1.37%(前月より+0.02%)~2.01%

と、今月は金利を引き上げました。

0.02%とは言え3か月ぶりに金利が上がりましたが

フラット35史上低金利を更新中となり、

魅力的なサービスを提供中です。

 

◆融資率9割以下で返済期間が20年以下の金利幅は以下の通りです。

1.31%(前月より+0.01%)~1.95%

と、中期に関しても金利を引き上げました。

 

◆融資率が9割超で返済期間が21年から35年以下のタイプの金利幅は…

1.81%~2.45%

 

◆融資率9割超で返済期間が20年以下のタイプの金利幅は…

1.75%~2.39%

 

以上のようになっています。

 

今月のフラット35は、

全てのタイプで金利を引き上げました。

他の金融機関が、金利を引き上げる中

フラット35に関しても同様に

金利を引き上げました。

 

しかしながら、

メガバンクが、0.05%も金利を引き上げる中

フラット35は、0.02%の引き上げでしたので

やはり急激に上昇することはないようです。

そして、金利が上がったとはいえ

まだまだ歴史的低金利の今の時期が

チャンスといえます。

今月の住宅ローンの動向は、

日本国債の金利は上下動を繰り返しながらも

横ばいで推移していたので、

今月は多くの金融機関が

金利を据え置くことを予想していました。

しかしながら、

じぶん銀行、新生銀行が

一部金利帯の金利を引き下げました。

一方で、

住信SBIネット銀行、ソニー銀行が

金利を引き上げるなど金融機関によって

対応がわかれました。

また三菱UFJ銀行や三井住友銀行、

フラット35も長期金利を引き上げています。

2019年の消費税増税を控え、

これから夏にかけて住宅市場は

盛り上がりが予想されます。

住宅ローン金利が現在のように

低い状況を保ったとしても、

住宅価格が上昇してしまっては意味がありません。

そろそろマイホームを購入したいと考えている方は、

物件探しに手を抜かず、

希望する物件が見つかったら

早めに動くことが大切です。

多少の物件価格の差であれば、

金利が低い住宅ローンを賢く選び、

繰上げ返済を活用すれば、

無理なく返済できるケースも少なくありません。

今月の住宅ローンを総括すると、

金融機関によって対応が

大きく分かれた月と言えます。

日本国債の金利が

この1ヶ月でほとんど変動していないことを考えると、

これだけ対応に差が出た理由は、

金融機関各社の金利予測が

それだけ難しかったということです。

今後の住宅ローンの金利動向ですが

本年度後半の金利上昇を予想しています。

しかし、それまではまだ

金利の上がり下がりはありそうです。

先月前半は米国金利が3%を明確に超え、

日本金利もつられて上がる気配を見せていましたが、

ここにきて欧州の政治不安から米国債が買われ、

日本金利が急低下しています。

また2018年6月1日に関しては、

日銀が買いオペレーションを

予想外に減額したことから、

日本国債の金利が上昇しました。

このように金利の変動は毎月必ずありますが、

米国の景気が後退しない限り、

将来の金利は最終的には上昇するはずです。

現在購入を検討している物件が

あるという方はもちろん、

住宅ローンを借り換えのタイミングを

見極めているという方にとっても、

金利が低下した金融機関の住宅ローン商品は

要チェックです。

 

そして

今後の不透明な金利状況の可能性を考えると、

フラット35は、借入時から完済時まで

全期間固定型の住宅ローン商品なので、

今借り入れた方は35年後の完済時まで

ずっと低金利の恩恵を受けられる…

というメリットがあります。

 

いくら借入時の金利がいくら低くても、

何年後かには住宅ローンの返済に追われる生活…

そうなってしまっては元も子もありません。

目先の数字にとらわれず、

しっかりとそれぞれの住宅ローン商品の

メリット/デメリットを理解し、

家族のライフプランに合った住宅ローンを

選択しましょう!!

 

※下記のサイトにて、

フラット35の金利推移をご確認いただけます。

現在がどれほど低金利であるか?? ご参照くださいませ。

http://www.flat35.com/kinri/index.php/rates/top

【フラット35】の利用を予定している方、

住宅ローンの新規利用・借り換えをお考えの方など、

いずれにしても、

早めに行動へ移すことをお勧めします!!

最後に、

金利が上がったとはいえ、

2018年6月の住宅ローン金利も、

過去最低水準で推移していることに

変わりはありません。

現在購入を検討している方はもちろん、

住宅ローンを借り換えのタイミングを

見極めているという方にとって、

金利が落ち着いている今は

検討する価値があるます。

住宅ローン金利が最低水準にある、

この機会を見逃さないようにしましょう。

それではまた!

トップページ見学会・相談会予約 closw

About
Works
Company
Whats new