自然素材でつくるコンパクトハウス 900万円台からの家づくり
静岡県浜松北エリア ウッドボックス浜松北店

053-583-0061
営業時間/8:30〜17:30

menu

スタッフブログ

今週のTOPIC「フラット35 金利を据置きました!」

このエントリーをはてなブックマークに追加

住宅金融支援機構(東京都文京区)が

民間金融機関と提供するフラット35の

2020年5月の適用金利が発表されました。

◆融資率9割以下で返済期間が21年以上35年以下の

主力タイプの金利幅は…

1.30%(前月より±0.00%)~2.03%

と、今月は金利を据え置きました。

先月に続き

1.30%台となっており、

低金利なので

魅力的なサービスを提供中です。

◆融資率9割以下で返済期間が20年以下の

金利幅は以下の通りです。

1.23%(前月より±0.00%)~1.96%

と、中期に関しても据え置きました。

◆融資率が9割超で返済期間が21年から35年以下の

タイプの金利幅は…

1.56%~2.29%

◆融資率9割超で返済期間が20年以下のタイプの

金利幅は…

1.49%~2.20%

以上のようになっています。

今月のフラット35は、

全体的に金利を据置きました。

多くの金融機関が、

固定金利を引き上げる中

フラット35は、金利を据置きました。

これに伴い

メガバンク・ネット系バンクに比べ

長期固定の金利は、

フラット35が圧倒的に

低くなっております。

◆2020年5月の住宅ローン金利の傾向

今月の住宅ローン金利同行ですが、

変動金利は、全ての金融機関が据え置き、

固定金利は、メガバンクを中心に

引き上げました。

先月に引き続き

過去10年にさかのぼっても

現在のような金利の変動は

見たことがありません。

要因は、今月も

現在大きな問題になっている

新型コロナウィルスです。

2019年後半から2020年にかけて

上昇を続けていた住宅ローン金利ですが、

2月、3月と大幅に低下し、

4月・5月に関しては

打って変わって上昇する等、

不安定な状況が続いています。

現在、世界中の中央銀行が

政策金利を大幅に引き下げています。

一方で日本の中央銀行である

日銀は、今月も金利を据え置いており、

今後も日本の金利が

下がらない可能性が高いと考えられます。

一般的な考えでは、

中央銀行の金利が据え置きすると

住宅ローンの金利も据置くか

引き下がるのが通例ですが、

日本は、上昇傾向という

逆転現象が起きております。

これは、マイナス金利政策により、

これ以上金利が下がらないことを

示しております。

これ以上金利が下がらないのであれば、、

住宅ローンを利用するのであれば、

今は好機と言って良いでしょう。

◆各住宅ローン商品の金利動向

●変動金利

今月の動きは、据え置きでした。

変動金利は当面、

金利が下がることはあっても

大きく上がることはなさそうです。

年初に想定していた上昇傾向は

しばらくはないと考えられます。

●固定金利

今月は、引き上げました。

10年固定や長期固定に影響する長期金利も、

日本銀行が0~±0.2%の範囲になるように

コントロールしているので、

多少の変動はあっても、

大きく上がる可能性は低いです。

◆2020年5月の住宅ローン金利の動向を総括

先月と同じく、

金利が小幅ながら上昇した月と

言って良いでしょう。

2020年6月以降も金利は、

不安定な状況が続くと考えています。

世界中の金利が低下する中、

日本の住宅ローン金利が

上昇したように、

今後も金利の上昇には

最大限の注意が必要です。

そして

今後の不透明な金利状況の可能性を考えると、

フラット35は、借入時から完済時まで

全期間固定型の住宅ローン商品なので、

今借り入れた方は35年後の完済時まで

ずっと低金利の恩恵を受けられる…

というメリットがあります。

いくら借入時の金利がいくら低くても、

何年後かには住宅ローンの返済に追われる生活…

そうなってしまっては元も子もありません。

目先の数字にとらわれず、

しっかりとそれぞれの住宅ローン商品の

メリット/デメリットを理解し、

家族のライフプランに合った住宅ローンを

選択しましょう!!

※下記のサイトにて、

フラット35の金利推移をご確認いただけます。

現在がどれほど低金利であるか?? ご参照くださいせ。

http://www.flat35.com/kinri/index.php/rates/top

【フラット35】の利用を予定している方、

住宅ローンの新規利用・借り換えを

お考えの方など、

いずれにしても、

早めに行動へ移すことをお勧めします!!

最後に、固定金利が上がったとはいえ

2020年5月の住宅ローン金利は、

まだ低水準で推移しております。

現在購入を検討している方はもちろん、

住宅ローンを借り換えのタイミングを

見極めているという方にとって、

金利が低い今月と翌月は、

検討する価値があります。

住宅ローン金利が低水準にある、

この機会を見逃さないようにしましょう。

それでは、また。

トップページ見学会・相談会予約 closw

About
Works
Company
Whats new